Click to continue...

大堀相馬焼

大堀相馬焼について

江戸時代の元禄年から約300年続く大堀相馬焼は福島県双葉郡浪江町大字大堀一円で生産される焼物の総称です。 旧藩政時代には相馬焼と呼んでいましたが、国の伝統的工芸品指定以後は、産地名である「大堀」の名を入れた大堀相馬焼として広く知られています。 元禄年間に中村藩士の半谷休閑が大堀(浪江町大堀)で陶器を発見し、下男の左馬に命じて日用雑器を焼き始めたのがはじまり。 中村藩は相馬野馬追の伝統を有するため、藩主相馬氏の家紋から繋ぎ駒や走り駒が意匠となっており、縁起物として親しまれてきました。 中村城下の相馬駒焼は藩主相馬氏への献上品として親しまれたのに対して、この大堀相馬焼は民窯として長く親しまれてきました。 相馬藩では、これを藩の特産物にしようと産地に瀬戸役所を設置して、資金の援助や原材料の確保など保護育成に努めました。これにより大堀の窯業は農家の副業として近隣八ヶ村に普及 江戸時代末期には窯元も100戸を越え、販路も北海道から関東一円、更には信州越後地方方面まで広がり、一大産地へと発展を遂げました。 その後、明治期から廃藩置県により藩の援助がなくなったことに加え、交通の発達による他産地との競争激化、さらには戦争による大きな打撃と、太平洋戦争の終結時まで大堀相馬焼は冬の時代を迎えました。 しかし戦後、アメリカへの輸出で産地は協力に立ち上がりました。2011年、東日本大震災により窯元全てが強制退去を余儀なくされます。 しかし「デザイン」と「グローバル」を軸にした大堀相馬焼は再び大きく立ち上がろうとしています。

馬の絵

旧相馬藩の「御神馬」が描かれており、別名「左馬」それは「右に出るものがない」という意味から縁起良いとして地域では親しまれてきました。狩野派の筆法といわれる「走り駒」の絵で、相馬藩の御神馬を熟練された筆使いで手描きされています。

ひび割れ

貫入音と共に「青ひび」といわれるひび割れが、器全体に拡がって地模様になっています。”うつくしまの音 30景”にも選ばれた美しき音色 貫入音(かんにゅうおん)素材と釉薬との収縮率のちがいから、焼いたときの陶器の表面に繊細な音を伴って細かい亀裂が入ります。これを貫入と呼びます。大堀相馬焼は、この貫入によって「青ひび」の地模様が刻まれます。

二重焼き

「二重焼」という構造です。入れたお湯が冷めにくく、また熱い湯を入れても持つことが出来まます。この技法は大堀相馬焼しかない、珍しい技法です。元々、大堀相馬焼は生活に溶けこんだ、一般向けの陶器であり、使いやすいように試行錯誤した結果、このような技法になったと言えます。

KACHI UMA プロジェクトについて

2014年は午年。大堀相馬焼の「走り駒」は常に左を向いている「左馬」それは「右に出るものがない」という意味から縁起良いとして地域ではしたしまれてきました。 疾走感あふれる馬の画が、今にも飛び出してきそうな迫力で陶器に刻まれています。 従来の手書きの絵の馬にとらわれず、新しい発想と感性で描かれた「馬」で表現しよう。 そんな想いから今回の企画が始まりました。
テーマは「明日を駆ける馬」。 そのテーマを元に様々な分野で活躍されているクリエイターが300年培われてきた伝統の馬に代わってそれぞれの「馬」を生み出しました。2014年は午年。12年に一度のこの年だからこそ、大堀相馬焼に宿る10匹のUMAが2014年を 日本中、世界中を元気に疾走します。


[  プロジェクト内容  ]

各業界で活躍するクリエイター10人に大堀相馬焼の陶器に「馬」の絵を書いて頂きました。デザインした二重湯のみを各セレクトショップ、ネットショップにて限定販売し、その売上の 9.19%(うまくいく)を大堀相馬焼に寄付します。

※商品代金の 9.19%は、大堀相馬焼に関する以下の資金に充てられます。

  • 窯元の新しい挑戦に対する寄付 (販路開拓・新商品開発・新技術のための設備投資)
  • 公的な助成金の支援を受けたいが地域的制約により受けることができない窯元への設備に対する寄付。
  • 「大堀相馬焼陶器市」のような大堀相馬焼窯元全体にとってプラスとなるような活動に対する寄付。

[  プロジェクトメンバー  ]

主催:ガッチ株式会社
制作協力:大堀相馬焼 松永窯
企画協力:株式会社伝耕、有限会社寺内デザインオフィス


[  協力団体・メンバー  ]

商品撮影:内藤健志
工房撮影:阿須間亮
サイトデザイン:シカタ株式会社
サイトコーダー:高橋佳弥
インキュベーション協力:NPO法人 ETIC
人材派遣協力:イノベーション東北 presented by Google


[  販売店舗  ]

<全商品>
AMRIT
日本橋ふくしま館
MIDETTE
中合(福島)

<一部商品>
上海高島屋(中国)
うつわの館(米国)


[  ウェブサイト  ]

Yahoo!JAPAN 復興デパートメント
MONOCO(3月下旬〜)
Fancy(3月下旬〜)

安藤健浩

まず、大堀相馬焼の器を手に取って特徴的な「二重焼」構造に魅力を感じました。素朴な外観に実用的な機能を付加した大変手間のかかる手仕事で制作されいるのがわかります。そんな発想や技術を新たなステージでも継続して頂きたいと思いました。絵付けのデザインは「走る馬」を「相馬の大地」に見立てました。風に舞う「たてがみ」や「尾」は大地に根ざす草木をイメージしています。

プロフィール ▶ 立体クリエイターとしてプロダクトデザイン、立体アートをはじめ商用ディスプレイや舞台演出など空間演出を手がけています。アート、デザインの領域に留まらず、「モノの存在価値そのものを創造する。」ことを理念として制作に励んでいます。


http://www.takehiroando.com/

igu

大堀相馬焼きの意匠である “走り駒” に、復興への祈りをのせて描きました。
大きなお馬は、同じ方向へむかうみんなの想いがひとつに集まって飛んでいくようなイメージです。

プロフィール ▶ 大阪在住。 2004年より様々なギャラリーで平面・立体作品を制作した個展を開催。 2007年大阪FM802主催の「digmeout」オーディションに選出、2008年Canvas @Sonyファイナリスト。ソニーとアートコラボレーション製品「iguモデル」が限定発売。 伝耕とのコラボレーションブランド"igu伝"展示、商品etc. 進行中。

http://www.igudendenko.com/story/

井上セイジ

『TRY FUTURE』現在や過去を経て未来へ駆け抜ける赤い走り馬。伝統美と前衛的なものや様々な文化との融合をテーマに元気・勇気・未来を一頭の馬に想いを込めて表現。器からはみ出す大胆な馬の表現は元気。情熱的な赤色の表現は勇気。一つ一つの優しく表現した星は未来を示す。陶磁器に見られる赤絵への憧れを千年の時空を超えてモダンに表現。

プロフィール ▶ 東海大学教養学部卒業、文化服飾学院デザイン専攻卒業。HIROKO KOSHINO DESIGN OFFICE、フランス婦人服ライセンスブランドを経て2003年よりINOUE DESIGN LABORATORYとして活動を開始。服飾デザイナーとしてトータルデザインからディレクションまでそのクリエイティブワークは国内外と多岐にわたる。


http://seijiinoue.com/

北本浩一郎

馬の魅力を一番伝えられるところはどこか。自分なりに選び出したのが、躍動感をあふれる尾、力強さの中にしなやかさを感じる筋肉です。全体像を見せることなく一部分をデフォルメして余白を残したことで、見た人の数だけ想像する生き生きとした馬が出来上がることを願っています。

プロフィール ▶ 京都産業大学法学部卒業後、数社のデザイン会社を経てシカタ株式会社を設立。広告・パッケージ・エディトリアル・WEB・商品開発・空間デザインに至るまで、グラフィックデザインを駆使したブランディングを手がけており、最適なコミュニケーション方法を提案することで顧客が抱える問題を解決している。


http://www.cicata.jp/

たかいよしかず

くろくまがくろうまにのって
草原をかけるよ
カラッパ カラッパ
春になったらこの草原は
白い花でいっぱいにうめつくされる
くろくまがくろうまにのって
草原をかけるよ
カッポレ カッポレ
夏になったらこの草原は
黄色い花でいっぱいにうめつくされる
季節はめぐる くろうまとともに

プロフィール ▶ 大阪芸術大学デザイン学科卒 明治「マーブルわんちゃん」童心社「怪談レストラン」のお化けギャルソンや西宮観光キャラクター「みやたん」くもん出版「くろくまくん」等のキャラクターデザイナー兼絵本作家。2013年フランスの出版社からも絵本が3冊同時に出版される。現在(株)京田クリエーション代表取締役社長でもある。

http://www.nekodaruman.net/

寺内ユミ

「ものごとが“うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれる縁起のよい馬。活き活きとして左に走り出す馬の躍動感、走り馬の美しいフォルムをグラフィカルに表現。大きく大きく夢を持って走る・・・「未来へ走ろう」という想いを描いています。


プロフィール ▶ インテリアデザインオフィス、インテリアショップの企画を経て1998年に独立。インテリア、ライフスタイル関連のクリエイティブディレクションのほか、スペースデザイン、プロダクトデザインを多数手がける。気持ちの良い空間、上質な暮らしにふさわしいプロダクツの提案を、グローバルな視点で発信しています。


http://www.t-designoffice.co.jp/

ナカダシロウ

「風」が吹いている
草木をゆらして…
「馬」が立っている
とても凛々しく…

そんな情景をカタチにしてみた
さまざまな困難の「風」が吹いても
相馬の「馬」は、すっと立っている

「一期一会」
これが最後と思って
これが始まりと思って

プロフィール ▶ 武蔵野美術大学建築デザイン学科卒業後、内田繁に師事。1996年スタジオ・メビウス設立。主な仕事にYohjiYamamoto、Y's、Francfranc、J-PERIOD、RMK 等の店舗デザイン。また、家具・インテリア小物の商品開発から建築デザインまで多岐にわたり活動中。

http://idsite.co.jp/index.php?pg=creator_detail&bm=DSN-00000241

中野聡美

ひとふでがきで走り出す馬を表現しました。
内側に描いた3つの馬の蹄(ひづめ)は、ヨーロッパではクローバーやてんとう虫と並ぶくらい縁起のいいものとされており、みなさまのもとに幸運が訪れますようにと願いを込めて描きました。

プロフィール ▶ 石川生まれ、大阪在住。大阪芸術大学でグラフィックデザインを学ぶ。現在は、大阪にてパッケージデザインの仕事に携わるかたわら、ひとふでで描ける絵、ひとふでんず作家としても活動中。シンプルながらもあたたかみのあるデザインのひとふでんずをつくるのが、得意。



廣瀬友子

風の中にたたずむ馬と力強く成長する草木。柔らかな緑に浮かび上がる金色のライン。
凛として彼方をみつめる馬の首もとには少しコミカルな蝶ネクタイ。
前を見すえ進むことで大切な、尊い思い出がどんどん増えていきます。
思い出に浸る時には、どうかやさしい風が吹きますように。

プロフィール ▶ 京都市立芸術大学美術学部工芸科(染織専攻)を卒業後、インテリアメーカー、バッグメーカー、テキスタイルメーカー勤務を経て個人デザイン企画事務所を設立。企画から生産まで踏まえたバランスのよい提案を信条に、インテリア商品企画・デザイン、テキスタイルデザイン、雑貨等の商品企画、マーケティング等を行う。



山田敏博

遥かなる未来を目指すにも、
深い歴史を刻むにも、
ぼくらは一歩ずつ進むしかない。
その一歩一歩は小さいかもしれない。
でも、一歩分だけ前に進める。
歩き出そう。
その足跡がきっとぼくらの勇気になる。

プロフィール ▶ 関西大学建築学科を卒業後、株式会社山本理顕設計工場勤務。その後、一級建築士事務所 HUG を設立し、建築や家具のデザインを中心に活動中。一方、NPO法人teamTimberizeでは木の新しい可能性を探るための研究開発、展覧会やシンポジウムなどの普及活動を行っている。共著に「都市木造のヴィジョンと技術」。

http://hughug.net/

お問い合せ

ご用件
お名前 姓  名 
お名前(フリガナ) セイ メイ
法人・団体名
メールアドレス
お問い合せ内容
※は必須項目です。
ご用件・お名前・フリガナ・メールアドレス・
お問い合せ内容は必ずご明記ください。